愛知県男子by水野直門

愛知男子 総評  水野 直門
エントリー43名、出場41名。予選通過12名。
例年以上に多数の出場者があり、常連であっても仕上がりの悪い選手は予選通過すら難しい激戦となった。
予選通過ラインも、上位争いも僅差の戦いであり、審査員泣かせの試合となった。
その中で、小林選手が年々順位を上げ、昨年の2位から、ついに念願の優勝を果たした。
カムバックから優勝した加藤選手や、50代で優勝した細江選手と同じく、40代での優勝は見事であると言わざるを得ない。
IMG_1677_R


優勝 小林計成
IMG_5377_R
ラインナップでは、相変わらずインパクトのある体で、上位争いでは一歩抜きん出ていた。バランスや仕上がりも良く、脚のキレや背中の広がりは目を引いたが、例年に比べると体の張りがやや少ない印象であった。

2位 Yamada Kenned Alex

IMG_5608_R

2位から5位までの選手は、特に僅差の混戦模様となった。
全体的にバルクとキレがあり、仕上がりも良い印象であった。

3位 越仮正敏

IMG_5666_R

例年のように絞りが良く、ハードな仕上がりが目を引いたが、ドライな感じで、体の張りが少ない印象であった。全体的なバルクアップ、特に下肢のバルクアップが課題か。

4位 伊藤智也

IMG_5505_R

全体的にバランスが良く、バルクもあるところから、今年も上位争いとなった。
体の欠点が少ない印象で、ポーズと仕上がりの改善で、更なる上位を目指したい。

5位 久野裕介

IMG_5558_R

筋量、バランスが良く、プロポーションの良さが際立っている。ポージングも迫力があり、更なるバルクアップと仕上がりに期待したい。

6位 櫻山雅浩

IMG_5398_R

仕上がりは良く、全体的にまとまっていたが、上位選手に比べるとやや目立たない印象であった。もう少し何かインパクトやアピールが欲しいところである。
pd

東海メンズフィジークby宮島 望

168㎝級

MP-168

一位 飯場圭

IMG_3364_R

メンズフィジークに必須であるアウトライン、ミッドセクションの充実度が秀逸で、張りのある肌の質感も合わさりオーバオールチャンピオンにふさわしいコンディションであった。強いて言えばもっと笑顔が欲しい。

二位 小林計成

IMG_3328_R

アウトラインの良さでは群を抜き、仕上がりも良かった。肌の質感にフィジーク選手らしい生気が感じられなかったのが惜しまれる。

三位 山中康平

IMG_3346_R

爽やかな笑顔とミッドセクションの充実度が目立った。肩、背のサイズアップで更にレベルアップして欲しい。

四位 水野雄希

IMG_3319_R

アウトライン、仕上がりのバランスが良かった。肩のサイズアップと胸郭の厚みが加わればレベルアップできると思う。

五位 鈴木俊正

IMG_3336_R

スキのない仕上がりとアウトラインも良かったが、表情が固かったのが残念だった。

六位 明利洋一

IMG_3356_R

アウトラインが良かったが、線の細さが目立ったので全体的にバルクアップして欲しい。


172㎝級

MP-172

一位 山本流聖

IMG_3430_R

サイズ感、仕上がりが素晴らしく、欠点が目立たないコンディションであった。クオーターターンでやや力んでいる感じがあったので、リラックス感を出せると良いと思う。

二位 宇野将平

IMG_3414_R

肩、背中の充実度が目を引いた。ミッドセクションの仕上がりを進めて更にレベルアップして欲しい。

三位 山田祐揮

IMG_1607_R
ミッドセクションの充実度、仕上がりが特によかった。肩幅、背中を広く見せるポージングを磨いてほしい。

四位 出口峻祐

IMG_3425_R

アウトラインが良かったので、ミッドセクションの充実度を改善すればフィジーク選手として活躍が期待できる。

五位 勝又健

IMG_3417_R

広い肩幅、細いウェストのアウトラインの良さが目を引いた。サイズアップと腹筋の力の入れ方を改善して欲しい。

六位 辻本稜貴

IMG_3420_R

バランスの良いコンディションであったが、アウトライン特に肩のサイズアップが求められる。



176㎝級

MP-176

一位 バッジョオラ

IMG_3453_R

爽やかな笑顔、サイズ感、肌の質感の良さに加えてヒップの高さが目を引いた。所作がぎこちない点を改善して更にレベルアップして欲しい。

二位 野中聡

IMG_3446_R

スキのない仕上がりとアウトラインも良かった。ポージングと表情が固かったので、より滑らかに表現できるようにポージングを磨いてほしい。 

三位 八木祐樹

IMG_3488_R

フィジーク選手らしいアウトライン、笑顔、ミッドセクションの充実度を備えているので、それぞれを更に高めて欲しい。


四位 鈴木昂太郎
IMG_3469_R
バランスが良く欠点が目立たないので、全体的なサイズアップに努めてほしい。

五位 高橋康佑

IMG_3479_R

ミッドセクションの充実度が目を引いた。胸肩背のサイズを増してレベルアップを目指してほしい。

六位 栗林健太

IMG_3461_R

アウトラインの良さが素晴らしい反面、ミッドセクションの弱さが目立った。


176㎝超級

MP+176
(この写真では4位と6位の位置が入れ替わっています。)

一位 濱口大輔

IMG_3537_R

アウトライン、ミッドセクシ、笑顔のバランスの良さが優勝につながった。肩のサイズアップを課題に更にレベルアップしてほしい。

二位 山崎尚信
IMG_3510_R
躍動感のある所作、サイズ感が目を引いた。仕上がりを厳しくすれば更に高いレベルでの活躍が期待できる。

三位 細野涼太

IMG_3502_R

アウトラインの良さが目立ったが、全体的なサイズアップによりレベルアップできると思う。

四位 水野秀治
IMG_3527_R
肌のハリ感、サイズ感に特徴があったが、ポージングにクセがあったので改善してほしい。

五位 疋田高将

IMG_3519_R

ミッドセクションの充実度が際立った。特に肩のサイズアップに努めてレベルアップしてほしい。

六位 喜津木怜志

IMG_3529_R

上体のサイズ感が良かった。ミッドセクションの充実と仕上がりを改善してほしい。


オーバーオール優勝
飯場 圭(右端)

MPオーバーオール

東海ボディフィットネスby廣田ゆみ

東海ミスボディフィットネス
ボディフィットネス競技は、筋肉で作られた女性らしいアウトラインが要求されます。フィットネスビキニに比べ普段からのハードトレーニングの積み重ねが勝敗を分けます。

ボディフィットネス


1位 大岩典子選手

IMG_2489_R

 50代から始めたにも関わらず、年々成長する姿に驚きを感じます。筋量的には少し劣るものの、それをカバーする美しいVシェイプ、自信に満ちた表情とステージングは優勝を確実なものにしました。


2位 神谷美由紀選手

IMG_2490_R

 プロポーション、筋量ともに恵まれているのですが、毎年甘さが残り、惜しいと感じる選手です。優勝を狙うには減量方法の見直しが必要かもしれません。減量幅を少なくし、食事内容を改善することで筋肉のハードさ、ハリが保てます。

3位 木村和美選手

IMG_2491_R

 細身ながらよく鍛えられた筋肉ですが、ボディフィットネスはボリュームのある脚が必要です。脚の強化に努めましょう。

4位徳田栄子選手

IMG_2487_R

 ポージング講習会の時には失礼ながら内心心配していましたが、50代で初めて減量してここまで仕上げたのは立派です。しかし若い人と違い、体重幅を持たせるとしわやたるみが出やすいですから、今後は出来るだけ減量幅を少なくしていきましょう。

5位 小林千明選手

IMG_2492_R

 産後8か月ほどで立派です。私も産後約半年で出場したことがありますが、恥ずかしいぐらい下半身がボテボテでした。よく頑張ったと思います。小柄ですが、一番ボディフィットネスらしい筋肉の質とアウトラインを持っています。子育てと両立して頑張ってほしいと思います。期待しています。

東海フィットネスビキニ by廣田ゆみ

講評
東海フィットネスビキニ
フィットネスビキニは各階級4名、5名、4名と均等に集まりましたが、理想としては各階級10名前後の出場数を目指したいですね。来年は県大会に出場した選手全員が東海大会に集ってもらいたいものです。

ビキニ -158

158cm以下級
1位 水谷麻由選手 

IMG_2762_Rのコピー

このクラスの中で一番女性らしいアウトラインが評価されました。さらに上を目指すためには鍛えこみ、さらに引き締まった身体づくりが必要です。

2位 堀尾亜衣選手 

IMG_2745_R

 小柄ながら全体にバランスの取れたプロポーションが魅力です。よくシェイプされていますが、もう少し筋量をつけ、豊かさのあるボディラインを目指してほしいと思います。

3位 カワツロセメイレ選手

IMG_2726_R

 とてもお色気のある選手です。柔らかな動きが魅力的ですが、正面バックの時に肩を寄せてしまうので、広背筋を広げるトレーニングをすればグンと評価が上がります。

4位 星野利沙選手

IMG_2790_R

 三重県大会でのカラーリングが少し残っていて肌が汚くなってしまったのは気の毒でしたが、評価には影響はなかったと思います。課題はウォーキング、ポージングです。
自分の体を上手く表現しきれていないので惜しいと感じました。


ビキニ -163

163cm以下級

1位 山下春菜選手 

zomLo

7月の県大会でVシェイプの美しい選手という記憶が残っていましたが、今回もその持ち前のプロポーションはひときわ目立ちました。さらに鍛えこみ、オールジャパンでは少し身体に力強さをプラスさせて臨んでほしいと思います。

2位 北村真紀子選手 

IMG_2955_R

 県大会では震えてぎこちない動きが記憶に残っていた選手ですが、今回はその心配は無く、安心して見ることができました。優勝を目指すには胸の上部や肩にもう少し豊かさがほしいところ。

3位 鈴木麻未選手

IMG_2926_R

 とても愛らしい笑顔の素敵な選手です。広い肩幅はVシェイプを強調する上でとても武器になります。今回は3位でしたが、ウエスト周りをハードに仕上げさらにシェイプアップ出来れば優勝を狙える逸材です。

4位 宇佐美由華選手

IMG_3008_R

 女性らしい柔らかな雰囲気を感じる選手です。県大会の時よりさらにシェイプアップし、確かな進歩が感じられました。表彰台に届かず悔しい思いをしたと思います。下半身を重点的に引き締めることが上位への道です。

5位 足立奈実子選手

IMG_2879_R

 7月よりは引き締まった感じですが、まだまだウエストラインが課題、。とにかく落としきることを目標に頑張りましょう。


163cm超級

ビキニ +163

1位 小島啓子選手

IMG_3116_R

 昨年初めて見た時は、細身ながら腹筋がしっかり見え、ハードに鍛えられた身体ゆえにビキニ選手らしからぬ印象があったのですが、今年は自分の体形を研究したうえで広背筋の広げ方、しなやかな動きを身に着け、努力の跡がとても感じられました。今年のオールジャパンも楽しみにしています。

2位 植松 舞選手

IMG_3179_R

 細身ながらもしなやかな動きが好印象でした。もう少し胸の上部、肩の筋肉を豊かにし、メリハリのある身体を作りを目指せば存在感が増すと思います。

3位 吉田知佳選手

IMG_3075_R

 前のめりの姿勢が気になりました。フィットネスビキニのフロント&バックスタンスは数年前に比べてより自然にまっすぐ立つのが基本です。姿勢の改善で評価が上がります。

4位 溝口順子選手

IMG_3025_R 
上半身は筋量アップ、下半身は引き締める努力が必要です。身体全体のバランス改善に努め、オフシーズンもウォーキングの練習をしていきましょう。
 
オーバーオール優勝
山下 春菜(中央)

ビキニ オーバーオール

愛知女子フィジークby西田晢之

IMG_5178_R

出場3名と少し寂しいカテゴリーとなった今回

布目 元子(3位)
IMG_5182_R
初出場で堂々としたステージング。聞くところによると、5ヶ月で12キロの減量に成功したとか…その努力とやる気は、我々も見習うべき点があるのではないだろうか。永ちゃんの曲に合わせたフリーポーズは
観客の掛け声を誘うほど盛り上がった。今後は更にステージングに磨きをかけ、益々輝いてほしい。


小池 英生(2位)
IMG_5301_R
バルク、バランス、プロポーションが抜群だった。やはり女子フィジークというカテゴリーとしては
もう一歩絞りがあれば良かったのではないだろうか。準優勝とはいえ、魅せるポージングは印象に残った。
2017日本マスターズ4位という実力、まだまだこんなもんじゃないと思うのは自分だけではないと思う。

彦坂 陽子(1位)
IMG_5259_R
このカテゴリの中で一番絞れていたし、自信に満ちたポージングに笑顔がプラスされて、これまで培った経験と、厳しいダイエットの末に、やり切った感じが表現されていたと思う。ご主人からも常に「アウトラインが大切!」とアドバイスを受けていたと言う。大会後、少し話しをさせて頂く機会があったが、どこかほっとされた様子で「白いごはんをどんぶりで食べたい」とつぶやいていた。その気持ちわかります。
inserted by FC2 system