武田 智子選手


フィットネス界のプリンセス  愛知・東海ボディビル選手権大会ゲスト
武田智子選手へのインタビュー
                          取材:健康美 安藤淑子


 
001            

安藤:5つ質問があります。一つ目ですが、8/3に行われた,09オールジャパンフィットネス選手権のパフォーマンスから、世界を意識した、洗練された印象を受けました。今後プロになられ、フィットネス、フィギュアオリンピアに挑戦されるわけですが、それまでのご予定をお聞かせください。
武田:プロになって、オリンピアに出場することが夢の夢だったのですが、まず10月半ばのイタリアでの世界大会で上位入賞することによりプロカードを得、その大会でオーバーオールで優勝することによりオリンピアへの出場権を得ることができます。
安藤:夢が現実化されてきていますね。
2つ目の質問です。武田選手はデビュー以来、常にトップを走り続けていらっしゃいますが、トップでい続けるプレッシャーや、秘訣、心構え、座右の銘や、緊張をほぐす方法など教えていただけますか?緊張なんてされないですよね、向かうところ敵なしですから。
武田:いえぇ、ぎりぎりのところにいますからねぇ。大会前には、モチベーションを上げる為に、イメージをよくしています。こういう身体になりたいというイメージで、トレーニングをします。減量中は、苦しいことが一杯ありますが、ステージに上がった時の自分、表彰台に上がった時の自分をイメージしています。
安藤:それは秘訣ですよね。イメージの力って、かなり大きいですか?
武田:大きいです。私は今までイメージしたことが、そのまま実現してきています。
安藤:悪いイメージを持つと、そうなるのじゃないかなあって方向にいくのですか?
武田:悪いイメージは持ったことがないです。イメージを持てば絶対それに近付いていけるし頑張れますし。
安藤:それは、競技にかかわらず、全てのことに関してそういうイメージの持ち方をされるのですか?
武田:はい、だいたいひらめきとイメージとで。
安藤:ご主人ともなにかひらめきとイメージとで?
武田:(笑い)はい、私の直感で。
安藤:なるほど。(笑い) 分かりました。では、緊張はされないということですよね?
武田:最初2、3年はすごく楽しんで競技をしていましたが、4、5年目は緊張がありました。
安藤:それはなぜですか?
武田:国内で二回三回優勝すれば五回六回優勝しなくてはならない、国際大会でも優勝しなければならない、そして、年々国内のレベルも上がってきていますからねぇ。

安藤:女王といえども油断はできない、ということですね、なるほど。
三つ目の質問ですが、毎年素晴らしいパフォーマンスをされますが、どのように練習されるのですか?ご自身で振り付けをされるのですか?

武田:振り付けは、ダンスの先生に毎年頼んで、今年はチアダンスの先生にお願いしました。子供の頃の体操競技の感覚が残っていますので、ダンスの練習は大会の半年前から開始します。練習は毎日しますが、怪我の心配もありますので、集中力が維持できるところまで、30分程度、割合はトレーニング重視です。

安藤:ご自慢のヒップをお持ちですが、黒人の短距離走者のようなヒップを作るヒントをなにか教えていただけたら幸いです。
武田:私がトレーニングを始めたきっかけは、黒人のようなピッと引き締まったヒップが欲しくて始めたのですが、スクワットをする時は、そのようなヒップをイメージして、お尻をよく使うようにしてします。種目はスクワットをたくさんします。重量は、膝と腰があまり強くないので、軽めの重量で、40キロで始めてマックス60キロで終わります。
安藤:それで、関節の細い、メリハリのある、プロポーションのよい身体が作られるわけですね。
4つめの質問ですが、ご結婚をされて、より美しく、自信に輝かれているようにお見受けしますが、何か心境の変化や生活、トレーニングなどに変化などございましたか?ご主人のアドバイスなど、ございますか?
武田:そうですね。メンタル面ではすごくサポートしていただいています。減量になると、私も弱いので、弱音をはくと、上へ上へ一所懸命引き上げてくれます。
安藤:それはいいですね、ボディビルダーだからこそのヘルプですよね。ご主人の今後のご予定は来年のジャパンオープンあたりからですか?
武田:そうです。

002
            

安藤:最後の質問になります。愛知県、東海地方のフィットネスを志す女性に何かメッセージをいただけますか?どうすれば上位にいけるか、また、この競技を愛してもらうために、メッセージを頂けると幸いです。アクロバティックなパフォーマンスのフィットネス競技は、できる方が限られていますし、ボディフィットネスも、かなりの筋量が必要で、その両方で連勝されているチャンピオンから是非メッセージを頂きたいです。
武田:そうですね、ボディイメージかなぁ・・・。なりたい自分をイメージしながら、トレーニング、生活、楽しいじゃないですか、イメージしながら、輝けるというのは。
安藤:武田さんのイメージされるモデルなんてあるのですか?アニメのキャラクターとか?ないですよね、ご自信のベストの状態をイメージされるわけですね。
武田:はい。(笑い)

安藤:その肩や脚もイメージでなったのですか?
武田:器械体操をやっていたので、もともと肩はいかっていたのですが、張った肩やふくらはぎはコンプレックスだったのですよ。この身体を生かせる競技に出会えて本当に良かったです。身体って、どうにでもなるじゃないですか。絶対自分の身体の中でいいところがあるから、それを生かしていってほしいです。
安藤:なるほど、いいお言葉ありがとうございました。

感想:単に好きだからとイメージもせずにトレーニングしていた安藤にとって、大変参考になるお話でした。又、ヒップも肩もふくらはぎもコンプレックスで、そこからトレーニング、競技へと進んでいかれた武田さんは、決して最初から私達からかけ離れた存在ではなく、努力とイメージ力で、全てをいい方向へ変えてこられた、そこに、武田智子選手の秘密があるのかもしれません。クヨクヨ悩まず、自分自身をもっともっと愛してほしい、そんなメッセージを受け取りました。これから大きく世界に飛び立っていってください!!大ファンになった安藤からのレポートでした。(*^。^*)

2009ミス愛知優勝 岩本京美選手とのツーショット

   
003        

2009ミス愛知健康美優勝 伊藤志江選手とのツーショット
004
           

2007年度ミス21健康美オーバーオール優勝 安藤がレポートしました(*^_^*)
2009年度ミス21健康美大会160cm超級の動画が私のホームページで御覧になれます。ABBFホームページリンク先の安藤淑子のHPより。






安藤 淑子選手 

安藤選手インタビュー
by西田 哲之

CIMG8374


西田:今回は、愛知新人・マスターズ・クラス別のゲストに来ていただいてありがとうございました。
   今までに、こういったゲストの経験は何回くらいありますか?
安藤:今までに2回あります。ゲストって楽しいですが、結構緊張しますね~。
   やはり、健康美っていう競技を本当に理解してもらわなくっちゃ!という責任感もありますし…。
西田:そうですよね。安藤さんは実際07年に全国大会で優勝されてますし、今回8月には
   愛知で初の健康美大会が開催されることもあって、使命感ていうのもありますよね。
安藤:そうなんです。
   今回のゲストはそういった意味で楽しみにしてました。でも実は2週間前に39.2℃の熱が
   出てしまいまして、どうしようかと思いましたよ~。
西田:え~っ!マジですか?
   今は大丈夫なんですか?
安藤:ええ、今はいたって元気です。
西田:安心しました(ホッ)
   ところで、本題の健康美という競技について質問します。
   健康美という競技は、やはり基本的にウエイトトレーニングを行い、しなやかな筋肉を身につけ
   さらにその美しさをポージングで表現する訳ですが、安藤選手としてこの「表現力」について
   何か心がけている事はありますか?
安藤:はい、自分自身では、常に筋肉を緊張させるのではなく、身体の力を抜いて動きの中での
しなやかな動き表現できるように心がけています。
   筋を緊張させてポーズをとるボディビルとは、ポージングの仕方が違いますね。
西田:なるほど~。
   確かにボディビルは力入いりますからね。
   あと、安藤選手と言えば、一昨年ミス21健康美158cm超級で優勝されたときの身体の
   ラインの美しさが印象に残っていますが、もちろん前面のリラックスも最高ですが、特に
   バックラインが綺麗ですよね。
安藤:ありがとうございます。
   バックライン、ハムストリングスからヒップにかけて重点的にトレーニングしています。
   大腿部前面はほとんど何もトレーニングしてないと言ってもいいくらいです。
西田:そうなんですか。
   その脚線美を作るトレーニング種目を具体的に教えて下さい。
安藤:まずは、内転筋ですが、スミスマシンでのダックスクワットですね。両足を広げてハムとヒップに
   効かせます。あとは、スティッフレッグドデッドリフト。これもハムからヒップにかけて効果が
   あります。それぞれ軽い重量でしっかり効かせるのがポイントです。
   自分はボディビル出身という事もあり、以前は高重量も扱った経験もありますが、結構ケガとか
   してましたし。そういった意味で今は重量も違いますしトレーニング方法もボディビルとは
   異なった部分もありますね。
西田:もっと詳しく知りたいところですが、これから健康美を目指そうとする女性へのアドバイスとして
   これだけは伝えたいと言ったことはありますか?



安藤:そうですね。
   健康美は、ボディフィットネスなどと違って自由さがあります。
   たとえば、メイクや衣装、靴なども自分を表現するアイテムとして選ぶことが出来ます。
   確かに競技としての健康美ではありますが、文字通り健康で美しくなる為に普段から自分自身に
   気を使って、女性らしく…例えばバレエやジャズダンス、メイクの勉強もします。
なので、トータルで自分自身を磨き上げることにつながる競技だと思います。
西田:まさに一石二鳥…いや4鳥5鳥いっちゃいますね。
   健康美という大会を目標に、自分自身を磨く…。やはり目標があればこそですよね。
安藤:そうだと思います。
   なので、これから健康美を目指される方は、新しい自分に出会えるかも知れませんよ。
   頑張って下さい。
西田:なるほど~。
   健康美…。いいですね~。
   安藤選手に続く選手が愛知からもどんどん出てほしいですね、
   本日はゲスト、さらにABBFインタビュー、ありがとうございました。
安藤:どういたしまして!

CIMG8375

山田 幸浩 選手 インタビューby西田哲之

山田選手インタビュー

CIMG8378


西田:今日はABBF愛知新人、マスターズ、クラス別大会ゲストありがとうございます。
山田:いや~どうも、こちらこそお招きいただいてありがとうございます。
   (このとき山田選手はゲスト控え室にいたのだが、ソファに浅く腰掛け
    本当に謙虚な態度でインタビューに答えてくれた)
西田:じつは山田選手は愛知県出身で、自分とも面識はあるんですが、今日はそのスーパーボディを
   作り上げたシークレットな部分まで聞きますで覚悟して下さいね。
山田:お手柔らかにお願いします。
西田:早速ですが、愛知から東京へ移ってその後の大会出場等、経緯について教えてもらえますか?
山田:はい。
   自分は1996年、トレーニングの仕事に就くために東京へ行きました。
   その後、トレーナーとして、本業のトレーニングは続けていましたが、コンテストへの思いは
   薄れかけていました。
   ある時、自分はこのフィットネス業界で仕事をさせていただいている以上、やはり自分自身の
   カラーを作らなくてはならない。その為にはボディビル競技に出て自分を評価してもらい、
   ジムに来てくれるお客様に対して、食事やトレーニングすべてトータルでアドバイス出来る事
   こそが、自分の本当の意味でのカラーではないか?と思いました。
   35歳のときに東京クラス別を復帰戦として出場させて頂きました。
   その後、08年ジャパンオープン出場。年齢は37歳です。
西田:そのジャパンオープンで一気に優勝を勝ち取った訳ですが、正直、狙ってましたか?
山田:いえいえ!(めっそうもないという感じ)
   自分の身体を全国の大会がどのような判断(評価)をしてくれるのか知りたかった。
   というのが出場の理由です。優勝なんて思ってもいませんでした。
西田:そうですか、でもやはり凄いことですよ。
   山田選手は、職場でも管理職の位置にいて、相当忙しいとお聞きしましたが、トレーニング時間
   は確保できたんですか?
山田:それがなかなか予定通り行かないんですよ。
西田;そうですか。トレーニング時間がままならない状況で大会に出場しようとなると相当覚悟がいり
   ますし、ほとんどの人は諦めかけてしまいそうですよね。
山田;ですが、やはり効率的に時間をやりくりする工夫も、自分で考えますし、気持ちさえあれば
   頑張れると思いますし、それに、フィットネスの業界で働かせて頂いている以上、この業界に
新しく入ってきた人に対して、自分自身が大会に出て、それを見せていくことによって、
職場の活性につながればいいなと思います。
西田:なるほど。やはり管理職だ。
   あと、山田選手と言えばその三頭筋に目がいくんですが、三頭筋のトレーニングはどんな種目
   を行っていますか?3種目あげるとしたら…。
山田:え~っと、まずライイングエクステンションですね。  
   EZバーでだいたい60キロくらいでやります。10レップスくらいが平均です。
   あとは、ケーブルプレスダウン、マシンディップスです。

西田:基本的な種目ばかりですね。
   何かシークレットの部分はないんですか?
山田:ははは…
   秘密なんてないですよ~。
   でもしいて言えば…
西田:しいて言えば?
山田:ディップスのマシンで、逆グリップでやりますね。
西田:ぎゃ、逆グリップ?
山田:そんなに驚くことないでしょう?(笑)
   普通は順手で握ってハンドルを押し下げるじゃないですか、それをインナーグリップで
   握ってそのまま押し下げると三頭のちょうど長頭部分にヒットするんです。
西田:なるほど、明日早速やってみよう…。
   あと、山田選手と言えば、そのメリハリのあるアウトライン、そしてキレキレの身体が印象的
   なんですが、減量法については何か特別ありますか?
山田:そうですね。基本的に自分は毎月2キロのダイエットを目標にしています。
   それ以上でも以下でもありません。例えば大会出場時の体重が70キロで現在80キロあると
   したら2キロ×5=10キロで、5ヶ月間の減量期間となる訳です。
西田:ほ~っ。と言う事は根拠も無く3ヶ月で落とすなどと決めるようなことは無いんですね。
山田:ないです。
西田:さすが、計画的なところが管理職だ。
   その具体的方法なんかは教えてくれるの?(だんだんタメ口になってくる)
山田:もちろんです。自分の場合は炭水化物と脂肪の配分がキーポイントなんです。
   例えば、1週間を1サイクルとして、5日間はローカーボ、あとの2日をハイカーボにして
   1週間ごとにサイクルを変えていきます。微妙なコントロールもいりますが、そのサイクルを
   基本にしています。

… ここで時間がきてインタビューが終わった …

西田:まだまだ聞きたいことだらけだけど時間がきてしまったので、この辺で修了します。
   今日は本当にありがとうございました。
山田:いえいえ、こちらこそ、本当にありがとうございます。

… 最後まで本当に謙虚な山田選手でした。 …

IMG_0632IMG_0650

inserted by FC2 system