山口 裕by加藤 武

2017年愛知県ボディビル、東海クラス別ボディビル選手権大会!
IMG_0315_20170908093535
IMG_0316_20170908093458

今回のゲストは、昨年ジャパンオープンで私の師匠である浅野喜久男選手を破り優勝!
勢いそのままに、続く日本選手権では堂々の6位入賞を果たした、今最も勢いのある選手の一人
山口祐選手です。

初めてお会いしましたが、服の上からでも判る肩幅と背中の広さに、やや圧倒されながらもインタビューさせていただきました。

加藤 以下(加)
まずトレーニングを始めた切っ掛けと、ボディビルを始めた切っ掛けを教えてください。

山口選手 以下(山)
はい、体操競技をやっていたんですけど、アキレス腱が切れて、そのリハビリとして始めました。
コンテストに出る切っ掛けは、大学を卒業して、体育館で練習していまして、そこのトレーナーに勧められて出場しました。

(加)
初めて大会に出場された年齢は幾つの時でしたか?

(山)
25歳の時です。

(加)
その時の成績はどうでしたか?

(山)
繰り上げ優勝でしたね(笑)
その時の一位の人の名前は公にできませんが(笑)

(加)
現在のトレーニングルーティンを教えてください。

(山)
脚、肩、胸、背中の四分割になります。

(加)
細かい部位はどこでやりますか?

(山)
腕は胸と背中の日に取り入れてます。

(加)
1番自信のある部位とかトレーニングを教えください。

(山)
背中と脚のトレーニングが自分では得意なのではないかなと思ってます。

(加)
オンとオフの食事やトレーニング内容の違いを教えください。

(山)
オンもオフもトレーニング内容、重量、回数共に変わらないですね。
食事もあまり変わらないですね。

(加)
普段から節制しているのですか?

(山)
そうですね、オフも体重が増えない様に、いつも痩せたいと思ってます(笑)
体重増えない様にしたいんですけど、やはりオフは1~2kgは増えてしまいますね。

(加)
では減量幅は1~2kgですね。

(山)
そうですね、水分調整も含めると2~3kgかな。

(加)
ではあまりジャンクとかは食べれないですね。

(山)
いや、食べますけど、その前後の食事で調節してます。

(加)
では次にビッグ3の使用重量を教えください。

(山)
ビッグ3はもう15年位やってないですね!

(加)
えっ!
ビッグ3やらないのですか


(山)
はい全くやりません。
僕の自慢はフリーウエイト無しでこの脚を造る事です!

(加)
では脚のメイン種目はレッグプレスですか?

(山)
はい。

(加)
因みにレッグプレスの使用重量は?

(山)
スクワットプレスになるんですけど、だいたい400~500kg位ですね。
回数は10回とか…。

(加)
背中はどんな種目をやられますか?

(山)
ハンマーのマシンが多いですね。

(加)
凄いですね、フリーウエイト無しでそれだけの身体が造れるんですね!

(山)
はい、そこらへん僕はトレーニングが上手なのかなと思ってます(笑)

(加)
そうですよね、なかなかフリーウエイト無しでそれだけの身体を造るのは難しいと思いますから。

ケガとかは無いですか?

(山)
そうですね、腰がもう…だいぶ…終わってますね(笑)

(加)
終わってるんですか!
では常に腰に負担かからない様にトレーニングされてるんですね。

最後に今後の目標を教えていただけますか?

(山)
全日本があるので上位入賞を目指して頑張ります。

(加)
ありがとうございました。


山口選手のパンプアップ中に今回東海オーバーオールを制した細江選手がやってきて山口選手と親しげに会話をされていました。

聞けば小沼さんのポージングスクールお二人共参加されていて、ボディビルに対する努力を常に欠かさないお二人でした!

細江選手もその努力が昨年の愛知、今年の東海と実を結んだと思います。

山口選手の今後の活躍を期待したいですね。
IMG_0317_20170908093526
IMG_0319_20170908093511
IMG_0322_20170908093517

西島里紗by川島るみ

◎ゲスト・西島里紗(さおり)選手                 ABBF・川島るみ

猛暑の中、早朝から長蛇の列。今年も超満員御礼の7月大会は、この方をお目当てに来場された方も大勢いらっしゃいました。
今回のゲストは、2016年オールジャパン・ミスボディフィットネス163㎝以下級女王・「西島里紗(さおり)」選手。遠路、福岡からお越しいただきました。
IMG_20170716_143219_20170722092753

まずはしっとりと、やわらかな雰囲気のフリーポーズで魅了。オレンジ色を基調としたウエアがとてもよく映えます。一転、司会の松尾幸作選手との軽妙なやりとりで会場を沸かせ、アンコールで客席に降り立つと、眼前の女王に観客のボルテージはマックスに。今期初戦を間近に控えた圧巻の仕上がりとパフォーマンスで、大いに盛り上げていただきました。
その後、表彰式のお手伝いをしていただいた時は、私服でのご登場。お洋服が大好きで、よくセレクトショップに行かれるという西島選手だけあって、この日も素敵な茶系のパンツスーツをお召しでした。おしゃれな服を着こなせるのも「おしゃれな身体」あってこそですね。

ゲスト1
ゲスト2

 さてそんな西島選手も、以前はご多分にもれず、楽してダイエットをすることばかり考えていたそうです。しかし「運動して健康的にやせることを実践してみよう」と一念発起、トレーニングをはじめたのが7年ほど前。そして2013年、コーチであるご主人のすすめで、西日本健康美出場を決意。それをきっかけに本格的なトレーニングを開始。ボディ・フィットネスの大会にも出場されるようになりますが、2014年までは予選突破も難しい状況が続きます。 
転機は2015年。「ジャパンオープン・ミスボディフィットネス10位入賞」、「オールジャパン・ミスボディフィットネス163㎝以下級4位入賞」が大きな自信となり、翌年への希望につながりました。
また、西島選手と同じカテゴリーで、同年大活躍された金子真紀子選手(2015年ジャパンオープン優勝、オールジャパン163㎝以下級優勝)の「素晴らしい肩」に強い刺激を受け、「やはりアウトラインを作るのに一番必要なパーツは肩。あの肩がほしい!」と一年間集中的にトレーニング。
その甲斐あって、2016年はまず「ジャパンオープン4位入賞」この成績についてご本人は「前年の10位より順位を上げることを目標としていたので大満足でした。これで来年は表彰台を狙えると感じました。」
そして迎えたオールジャパン。西島選手の163㎝以下級というカテゴリーは、近年特に出場選手が多く、毎回入賞することさえ困難な激戦区ですが、結果はご本人が一番驚かれたという「優勝!」一年間の努力が報われた瞬間でした。
西島選手は現在、福岡市早良区で、今年30年を迎える老舗ジム「BODY MAX GYM(ボディマックスジム)」をご主人と経営。またトレーナーとしてのお仕事もこなす多忙な日々を過ごされています。
ご主人は元JBBFのボディビルダーとして名をはせた西島範之さん。西島選手のコーチとしてトレーニングはもちろん、メンタル面でも日々支え続けていらっしゃいます。
「試合で結果を出すと、主人が喜んでくれることが、私のモチベーションにつながります。」とご主人への感謝の気持ちを語ってくださった西島選手。この優勝は、まさにご夫婦二人三脚で勝ち取った成果と言えるのではないでしょうか。
ゲスト3
ゲスト4

さて、追う立場から追われる立場、チャンピオンとしての今シーズン。試合が楽しみで仕方なかった昨年までとは違い、今年は正直プレッシャーで滅入る時もあったそうですが、今は乗り越え、自分を信じ、「連覇をするぞ!」という強い気持ちで臨みたいとのことでした。
今期は、まずは初戦の「SPORTEC CUP 2017」に勝つこと。そしてオールジャパン連覇という目標を掲げてくださいました。
西島選手のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

ゲスト5
【後記】
写真で拝見した西島選手はクールビューティーで、無口な印象だったのですが、実際お目にかかると、チャーミングな笑顔がとても素敵で、大変謙虚な方。インタビューやリハーサル時も常にお気遣いいただき助かりました。
引きも切らないファン一人一人にも丁寧に対応していただき、ここでも温かいお人柄がにじみ出ていました。
実は私、インタビュー中、西島選手のあの「肩と腕」に触らせていただいたのです。これはゲスト係の役得。完全にミーハー状態でした(笑)。
inserted by FC2 system